Web、メール、独自ドメイン、ネットショップのご相談承ります

抵触日とは?

労働者派遣法では、政令26業務以外のいわゆる自由化業務について、派遣受入期間に制限を設けています(原則1年で、一定の要件を満たせば最長3年まで延長可能)。抵触日とは、この期間の制限に抵触(違反)することとなる最初の日(=派遣可能期間の翌日)のことです。

抵触日とクーリング期間

1人の同じ派遣労働者が続けて就業した場合

図

3年+1日目の抵触日以降は派遣を受け入れは不可

複数の派遣労働者が交代で就業した場合

図

最初の労働者Aさんの就業開始日から3年+1日目が抵触日。
抵触日以降は派遣の受け入れは不可

Aさんの派遣途中に、BさんCさんが増員された場合

図

最初の労働者Aさんの就業開始日から3年+1日目が抵触日。
抵触日以降は派遣を受け入れは不可

派遣を2ヶ月受け入れなかった場合

図

クーリング期間(3ヶ月超)に満たないので、
最初のAさんの就業開始日から3年+1日目が抵触日

途中、労働者派遣を1ヶ月と2ヶ月半受け入れなかった場合

図

クーリング期間は通算不可。
受け入れなかった期間が継続して3ヶ月を超えていないので、
クーリング期間とは見なされず、最初のAさんの就業開始日から3年+1日目が抵触日

 クーリング期間の3ヵ月のみ、期間契約等の直接雇用の形態で対応し、クーリング期間後、再度を同じ労働者を受け入れる。

 この場合は、派遣を再度受け入れる事が目的となるので、場合によっては脱法行為とみなされ、労働局より是正指導を受けます。

 またクーリング期間のみ業務請負とし(当然、偽装状態であるならば、派遣法違反とみなされます)、その後、派遣へ戻す事も認められません。

 さらに、クーリング期間のみ業務請負ではなくクーリングを機に請負化を構築したものの、それが偽装状態であった場合、派遣状態が継続しているとみなされ、クーリング対策をしたと認められません。

(2008年厚生労働省通達)

抵触日、クーリング期間の扱いはより厳しい物となる事が予想されます。
抵触日、クーリング期間の問題を解決するには?

派遣法改正後は、次の5つしか選択肢がありません。

新商品「SSサービス」の語導入


抵触日 無料相談案内

.

人材問題バスターズへのお問い合わせはお気軽に